詳細マニュアル

Detailed manual

試用期間が完了しintouch(インタッチ)を本格的に運用していくために詳細な操作のマニュアルになります。

最初に

intouchの機能

intouchがどんなことができるのか機能などの紹介をしています。

intouchで使われる用語

intouch内で使われている言葉を説明しています。アカウントやスタッフ、権限については管理者権限、副管理者権限、報告者権限などがあります。

アカウントを作成する

アカウントを作る方法

サービスを利用する上で事業所側はintouchへの登録が必要になります。登録の詳細手順を説明しています。

仮登録する

サービスを利用する上で事業所側はintouchへの登録が必要になります。登録の詳細手順を説明しています。

本登録の準備をする

仮登録を本登録にすることでintouchを利用し報告が出せるようになります。そのための必要な情報を確認していきます。

仮登録を本登録に

本登録にすることでintouchのサービスの全ての機能が使用可能になります。

共通している手順

マイページへログインする

インタッチのサイトからログインしてマイページに移動する手順を載せています。

試用を終えた時に

クレジットカードを登録する

試用期間中は何個かの機能がデフォルトの設定になっています。クレジットカードを登録することで機能を有効にしたり無効にしたりできます。そのためにまずはクレジットカードを登録しましょう。

契約プランについて

案件数は事業所によって変わります。intouchでは案件数によってプランを選択していただいています。その説明をこちらで行います。

Voice利用

Voiceはお客さまからの事業所に対する口コミをintouchを介して自動的に収集します。それを自社のWEBサイトに組み込んだりすることが可能になっています。

セキュリティレベル

報告だけに特化したintouchでは、お客さまが報告を見るために専用のアプリもアカウントIDやパスワードを必要としません。しかし他の方は見ることはできない仕組みになっています。その設定を自由に変更できます。